ユース・
ファクトチェック
チャレンジ

GNI_Wix_1.gif
pixel61.png
Pixel63.png
Pixel62.png

Google Pixel 6をゲットするチャンス!ぜひ登録を!!

デマや誤情報を見分けることはできますか?
ぜひ、私たちが用意した課題に挑戦してみてください!

ユース・ファクトチェックチャレンジにようこそ!ここでは、専門家から学び、事実を検証するクイズを通じて調査能力を磨くことができます。


私たちの冒険にぜひ参加してください、4月から9月までの全4章にわたってファクトチェックの世界を旅し、Googleグッズを手に入れましょう。

15-24歳で、知識欲旺盛な方であればどなたでも参加できます!

こちら の画像を見て検証に取り組んでください。

 

答えがわかりましたか?答えは第3章:検証テストの期間中にお知らせします。

準備はできましたか?

第3章:検証テストへの登録

締切は2022年9月11日

 

これまでの章の振り返りはこちら

第3章:検証テスト

自分を鍛えてファクトチェックのプロに近づく準備はできましたか?試練の旅には仲間がつきもの。みんなで力を合わせて、磨き上げたスキルを試してみましょう。

日程

2022年9月17日(午後8時-9時)


内容は?

挑戦者には仲間と計2~3人でチームを組んでもらいます。これまでの章で獲得した得点は合計でき、今回の章にも適用されます。

チームは30分間で次々と問題を解いてもらいます。それぞれの出題につき、チームの代表者が1回だけ回答できます。チームは獲得している点数を使って、ファクトチェッカーにアドバイスを求める「ライフライン」を利用することもできます。ただし、回答そのものを教えてもらうことはできません。正確に早く回答したチームが勝者となります。
 

景品

トップ3のチームには賞品と、第4章:決勝戦においてAPAC各地からの代表チームと戦う機会を得ることができます。

コンテストの公式ルール

GoogleニュースイニシアティブのAPACユース・ファクトチェックチャレンジコンテスト(以下、ファクトチェックチャレンジ)は、2022年9月14日から2022年9月21日の間に開催され、Googleアカウントを持つ15歳から24歳の以下の国に住む個人のみが参加可能です。
 

オーストラリア、バングラデシュ、ブータン、ブルネイ、カンボジア、クック諸島、東ティモール、イースター島、フィジー、香港特別行政区、インド、インドネシア、日本、ラオス。マカオ特別行政区、マレーシア、モルディブ、モンゴル、ミャンマー、ネパール、ニューカレドニア、ニュージーランド、パキスタン、パプアニューギニア、フィリピン、サモア、シンガポール、ソロモン諸島、韓国、スリランカ、台湾、タイ、トケラウ諸島、トンガ、ツバル、バヌアツ、ベトナム。

(1) 米国禁輸国の居住者、(2) 米国禁輸国の定住者、または (3) 適用される輸出規制および制裁プログラムによって禁止されている者は、この検証チャレンジに参加することはできません。

検証チャレンジに参加するには、(1)本規約に基づく参加資格を有し、(2)要求される情報を提供して登録することが必要です。

検証チャレンジでは、参加者はチームに分かれて、誤報の発見やファクトチェックに関する一連の課題をクリアするよう求められます。課題をクリアすると、参加者にポイントが与えられ、それに応じて順位が決まります。第3章:検証テストでは、前章までに獲得したポイントをライフラインの入手に使用することができます(条件を満たした場合)。最も早く課題を達成したチームには、賞品が授与されます。GoogleのサービスプロバイダーであるThe MasterPlanは、すべてのエントリーの審査と賞品の配布に責任を負います。賞金は、準優勝チームのメンバー1人あたり100米ドルを超えないものとします。優勝チームのメンバー1人あたりの賞金額は、600米ドルを超えないものとします。同一人物による重複応募は失格となります。

ファクトチェックチャレンジへの参加は、Google 利用規約 (https://policies.google.com/terms). に従うものとします。チャレンジの過程で、第三者のサービスやプラットフォームの利用を求められることがありますが、その場合、それらの第三者の利用規約やプライバシー ポリシーが適用される場合があります。

よくある質問

参加資格は何でしょうか?

  • 15-24歳の方であれば、どなたでも参加できます。ただし、参加にはGoogleアカウントを作成していただく必要があります

 

このユース・ファクトチェックチャレンジに参加したら、修了証は発行されますか?:

  • 残念ながら、修了証は発行されません。

 

登録したニックネームを忘れてしまいました。どうしたら良いでしょう?

  • この フォームに必要事項をご記入ください。私たちのチームが折り返しご連絡いたします。対応に少なくとも2営業日かかることをご了承ください。

 

ファクトチェックに関して素人です。チャレンジに参加することは難しいですか?

  • 大丈夫です!このイベントは、初めてファクトチェックをする初心者向けです。スキルを身につけ、専門家から学び、ファクトチェック能力を身につける。一連の旅にご参加ください!


登録はしていましたが、第1章/第2章のライブセッションを見逃してしまいました。それでも参加は可能でしょうか?

  • 大丈夫です!登録をしておけば、いつでも参加可能です。ただし、第1章から第3章まで連続して受講することをお勧めします。各章での得点を足していくことができるからです。登録は第1章から第3章を実施している間も受け付けているので、途中からの参加もOKです。


第1章から個人ではなくて、チームメートと一緒に参加する必要がありますか?

  • 第1章、第2章は個人単位での参加です。第3章は課題が難しくなり、短時間でクイズに回答するためにはチームワークが必要になるので、チームで参加していただきます。

第3章には3人ではなく2人チームでも参加できますか?

  • 力を合わせて課題に取り組めるので3人での参加をお勧めしますが、2人での参加も可能です。

第3章で4人以上でチームをつくることは可能ですか?

  • 残念ながら、チームの最大人数は3人です。

第3章に1人で参加できますか?

  • ファクトチェッカーになるために身に着けてもらいたい力の一つがチームワークです。このため、第3章では第1章や第2章で学んだことをチームで分担して実践することが第3章の重要なテーマとなっています。ぜひ、一緒に課題をこなす仲間を見つけてください。

第1章や2章に参加していない人とチームを作れますか?

  • 問題ありません!チームでの登録をする前に、その友達に verificationchallenge.com でファクトチェックチャレンジへの個人登録をしてもらってください。メンバー全員がチャレンジへの登録をしていないと、チームでの登録はできないのでご注意ください。チーム登録フォームが不完全だと受理されません。登録フォームが受理されると、確認メールが配信され、そこにライブファクトチェックバトルへの参加リンクや指示が記載されています。

参加賞品はありますか?

  • あります!今年は各章についてクールな賞品を準備しています。とはいえ、全員が無条件で貰えるわけではありません。各章ごとに必要条件が異なりますので確認してみてください。各章が進展するにつれて、詳細はアップデートしていきます。


得点を表示するリーダーボードに自分の名前がありません。どうしたら良いでしょう?

  • リーダーボードに名前が載るのは上位300位までです。もし、300位以内のはずなのに、名前がないという場合はお手数ですが、こちらまでご連絡ください。gniverificationchallenge@themasterplan.com.sg

主催:
Google_NewsInitiative_Lockup_FullColor_4x.png
JP_FIJ Logo_Full-01.png

ご質問がある方はこちらまでお寄せください。